HOME > 不動産まめ知識

btm

「取引態様」と「仲介手数料」

不動産会社を利用して不動産を購入(又は賃貸)する場合、その不動産会社の「取引態様」によって、 仲介手数料を不動産会社に支払うか否かが分かれます。 どういう「取引態様」なら、「仲介手数料」を払わずに購入(又は賃貸契約)が出来るのでしょうか?
「費用は少しでも抑えたい!」売主企業と提携した「仲介手数料不要」物件も多数ご紹介できます。是非・お問合せください!

「仲介手数料」って、何ですか?

「仲介手数料」とは「不動産取引を斡旋した不動産会社(宅地建物取引業者)に支払う報酬」です。 不動産会社の殆どは「不動産の所有者(売主)から売却の依頼を受け、購入者(買主)を探し、売買を成立させる」、いわゆる「仲介業務」を行っています。 売主・買主は不動産取引を斡旋した報酬として「仲介手数料」を不動産会社に支払います。
image
不動産会社が売主・買主に対して「仲介手数料」を請求できるのは、「仲介業務」を行った場合です。
売買の当事者(売主・買主)で在る不動産会社は、仲介手数料の請求は出来ません。
不動産を購入する際に、どこで「見分不動産を購入する際に、どこで「見分けるか」は不動産広告に必ず記載されている「取引態様」の欄を確認してください。
◎「仲介手数料」が発生する取引態様・・・「仲介」「媒介」「一般(媒介)」「専任(媒介)」「専属専任(媒介)」
◎「仲介手数料」が発生しない取引態様・・・「売主」「(売主)代理」

「仲介手数料」の額と、支払う時期

「仲介手数料」の金額は「宅地建物取引業法」で上限が定められています。また、報酬として「仲介手数料」を得る事が出来るのは、知事(又は大臣)の免許を得ている「宅地建物取引業者」だけです。
◎宅地建物取引業法における、報酬の制限(売買・交換)
           取引金額 報酬(仲介手数料)の上限
取引金額と報酬の上限 200万円以下 取引金額の5%
取引金額と報酬の上限 200万円超・400万円以下 取引金額の4%+2万円
取引金額と報酬の上限 400万円超え 取引金額の3%+6万円
例えば2000万円の土地付き建物の購入を斡旋してもらった場合、「2000万円×3%+6万」で66万円(消費税別途)が、
報酬の上限になります
◎仲介手数料を支払う時期
基本的には「仲介手数料」は「成功報酬」と考えられています。ですから、不動産取引の決済(売買代金を支払い、不動産の引渡を行う)時に、仲介手数料も同時に清算するのが一般的です。 (中には、契約時に半金・決済時に半金を清算する会社も有ります。)
◎最後に・・・
※トラブルを避ける為にも、仲介手数料の額は、売却の場合は「媒介契約」を結ぶとき、購入の場合は不動産の「購入申し込み」をする際に、併せて仲介業者に確認をしておきましょう。 ※また、不動産会社によっては「仲介手数料1%キャンペーン」などを行っている時もあります。上手に利用して、費用を少しでも抑えられると良いですね♪
ページ先頭へ
image
image
株式会社オオツカ

【業務内容】土地・住宅・店舗・事務所・工場等の不動産の売買・媒介、宅地開発・分譲
【営業エリア】主に、千葉県千葉市・船橋市・八千代市・四街道市・佐倉市・成田市・白井市・八街市・富里市・印旛郡を中心とした千葉県内
【定休日・営業時間】定休日:水曜日(夏季・年末年始の休暇あり)、営業時間:8:30〜19:00(時間外対応可能。事前にご連絡下さい)

copy